あなたのパートナーが

MENU

あなたのパートナーが

あなたのパートナーが、不貞という過ちを冒していても今後も、パートナー(配偶者をこう表現することもあるようです)でありつづけたいのなら浮気している現場に直接行くことはしないほウガイいでしょう。浮気が発覚したことで相方が、ひどく感情的になってしまい、離婚を避けられない事態に陥ることがあるでしょう。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

 

実際の浮気調査では、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、どのようなリサーチがおこなわれるかにもよりますが、調査は大体2人程度で行っているようです。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気をしているかの確認をリサーチ員1人で調査をすることがよくあります。不貞が明るみに出てきたのなら、再度相談をして調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、その実態を把握することは可能です。

 

あまり予算が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、多様なやり方の選択肢の一つです。位置がわかる機械が仕込まれていることが発覚することがあります。探偵が気づかれないようにしていても、残念なことに依頼者の気もちが先行してしまい、リサーチ対象が警戒を強めてしまって証拠集めがやりにくくなり、うまく行かない事もあるのです。いくら探偵の浮気リサーチでも、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。

 

失敗した場合の代金についても、契約を交わす際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。コミュニティ型のWebホームページを通じて不貞の事実が発覚することもあります。SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナー(パートナーをこう表現することもあるようです)も注意が足りずに、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が散見されます。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をインターネットに公表している場合もあるのです。相手のアカウントに気づいているのなら読んでみて下さい。探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれでおわりとは言えません。不倫をしているのか調べていくと、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。その時、どれだけ依頼者のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用に値する探偵と言えます。探偵を信頼してもいいか判断するには、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に判断する事を心掛けてちょうだい。

 

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいになる場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできるのですが、額は少なくなります。また、不倫相手の方が不倫を認めない時には根拠が必要です。第三者からみても明りょうな不倫の証拠が不可欠です。どのような服装か確認することで浮気の実証が出来るのです。不貞をしている人に、明確に分かるのは今までとは変わった服装です。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら注意が必要でしょう。

 

この先、浮気に進展しそうな人や、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。浮気リサーチに対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査員のご飯代が足されるケースもあるでしょう。一方、時間給の方は、リサーチ員の数×リサーチを行った時間で、計算した費用です。リサーチにかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、リサーチが必要とする時間は減るので、リサーチ費用は安くなりますよね。しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、知人に相談して裏付を撮ってきて貰うにしても、骨折り損になることは確実です。勘づかれないように(子どもや動物は特に撮るのが難しいといわれています)を撮りたいときはプロの探偵にリサーチして貰うのがベストなのです。