尾行料金の相場は

MENU

尾行料金の相場は

尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当たり前のことですが、リサーチ員が少数なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行のために車とかバイクでおこなう場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますから、要確認です。時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、お金がかからなくなります。というワケで、尾行依頼を探偵にする時には、相手の日々の行動を観察しておく必要があります。そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をして欲しいと依頼をすれば、余計な手間をかけずに探偵も尾行する事ができ、どちらにもメリットがあります。

 

浮気リサーチを頼んだとして、リサーチの期間はどれぐらいかというと、普通は1週間以内にはおわります。とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。不貞の証拠をなかなかのこさないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあるためす。一方で、曜日が決まっているとかで不貞をしそうな日がリサーチ員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済向こともあります。GPS装置を用い、頻繁に行く場所をリサーチして、張り込んでいると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですので、こちらに有利な裏付を掴めるでしょう。あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、試してみたいやり方です。その機械を付けている事がバレてしまい、追及される種になることもあります。

 

どのような行動をしているか記録することで浮気の決定的な証拠をつか向こともあります。毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合パターンが定まってくるものです。しかし、浮気すると、動きの法則性が変化してきます。変わった曜日や時間帯を確認できたら、注意して動きを観察することをすると、浮気の決定的な裏付をつかむ見込みが増えます。探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所が依頼されるのは身辺リサーチや企業リサーチが多いので、興信所から来たことを明かして正面からのリサーチをおこなう傾向にあります。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所の方は情報収拾に向いていると考えることができます。

 

日々の生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは自分ひとりでも出来ますが、言い逃れのできないような不貞の証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、いろいろ貴重な助言を貰えるというのも見逃せないメリットです。もし不貞をする曜日、時間がはっきりしているのであれば、その分の調査期間を必要としなくなるため、それだけ調査費用が節約できるワケです。しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、オトモダチを説得して写真を撮ってくれることになっても、骨折り損になることは確実です。ひそかに裏付を握りたいときにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。

 

離婚を覚悟の上で、貰える慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは揉め事を大聞くする可能性があるので、避けるのが賢明です。あなたが信じて頼れる人と行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。信頼できる人が見つからない場合は、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。法律上では、既婚者が婚姻関係にない人と自分から性的関係になることを不倫と定義しています。つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていない場合には、伴に時間を過ごしてい立としても、浮気とはいえません。個人で男女の関係を実証することは難しいかも知れませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。