リサーチ機関に依頼したところ

MENU

リサーチ機関に依頼したところ

リサーチ機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった時、離婚するかしないかなかなか決められずに困りますよね。まず頭を冷やして、探偵事務所にリサーチを依頼するよりも先に、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、自分のパートナーとその不倫相手に対して慰謝料を請求し、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、どのようなリサーチがおこなわれるかにもよりますが、リサーチに行くのは2人程度なんだ沿うです。しかし、まだ不貞なのかはっきりしていないケースでは、不貞をしているかの確認を調査員1人で調査する事が多いでしょう。

 

浮気をしている裏付をつかんだら、もう一度話し合いをしてリサーチ員の数や方法など進むべき方向を決めます。浮気である裏付をカーナビによりつかめます。みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認する事で、不貞相手と車でデートし立ところを見つけられる事があるでしょう。あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合気を付けなければいけません。それに加えて、しばしばガソリンが入れられていた場合、デートを車でしている可能性があるかも知れません。不貞の証拠は携帯からも掴めます。携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。今やメール、または、LINEなどいろいろな方法で連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聴きたくなる時もあるでしょう。ですから、空き時間に電話する事は否定できないのです。車の目立たない場所にGPS端末を取付して、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在いる場所を掌握したり時間のある時にデータを取り出して調べたりします。

 

普段、運転しないような人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあるでしょう。こうする事によって、パートナーの行き先や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。興信所と探偵事務所のちがいとしては、あまり無いのではないかと言ってもいいかも知れません。両方とも、浮気調査から身辺リサーチ、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じようなしごと内容です。でも、差があるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。浮気調査に必要な期間は、平均で3~4日かかるといわれているのですよね。しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。パートナーがとても慎重な性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1カ月くらいリサーチ期間が必要になることがあり得ます。

 

逆に、怪しい日が調査の前に分かっていれば、1日だけで不貞調査が終わってしまうこともあるでしょう。もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を要求しようとするのなら、敵の情報は必要ですし、エラーのない、裏切りの数々を突き付けられるようにしないといけません。貴方が、探偵に助けを求めるのならば、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、撮影してくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、用意してくれるでしょう。同一電話番号から電話を頻回に電話をうけていたりまた電話をかけ直していたりするとその相手が不貞相手であるという可能性は濃厚であると考えられます。

 

沿うしたらその電話番号の相手が誰かということを調べればいいのですね。しかしパートナーの方が一枚上手ですと、不貞相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあるでしょう。結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡ってリサーチを行っていくのかを事前に話し合いますよね。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、リサーチが長期になれば高額のリサーチ費が必要になってしまうのです。興信所などによって、主に使う道具やリサーチする人のキャパシティには差異があるので、インターネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。